スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

鈍色ヲ照ラス王子 

auで配信開始になったので早速遊んでみましたが、これはひどすぎる。
フリーゲームだったら絶対最初の30秒でやるのをやめてました。315円も払ったんだからせめて一度くらいはクリアしてやろうと思ってましたが、上限が来たので今日は中断。でも続きをやる気がしない・・・これはひどい。ひどすぎる。以下、辛口批判しかない感想を。






高校生男子の「ママ」呼びで既に不穏な感じはしていたのですが、出てくるキャラがひとりとしてまともに会話ができないというのは一体どういうことなんですか。なんというか、全く面白くもないコントを棒読みで言い合っているというような印象を受けました。そもそも主人公に全く魅力を感じない。思考回路や発言がC級ギャルゲの主人公のようで読んでて耐えられません。おかしな効果音やおかしな笑い方(ぐふふ、むふふ、ふはは)を平気で多用しているので非常に不愉快です。絵柄は可愛いのにキャラの発言がみんな電波なので全て台無し。こんなにイライラしたゲームは久しぶりです。この程度なら、個人フリーゲームのほうが断然面白いよ。ユーザー舐めるのもいい加減にしろ。


「ぼくわた」や「誰鐘」の流れでこれをやる人も多いと思いますが、期待はずれもいいとこです。全くおすすめできません。「ロメロマ」もなかなかひどかったですが、ここまでではなかったのに。このレベルがずっと続くようなら、新作を出せば出すほど固定ファンを逃すだけだと思いますよ。


素直に「誰鐘」の槌谷エンドを見ておけばよかったと心の底から後悔しています。

スポンサーサイト
[ 2007/08/02 22:00 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。