FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

古城の狼の詩 前編 


ドラマCD / フロンティアワークス(2007/07/25)
Amazonランキング:838位
Amazonおすすめ度:


とりあえず軽く聴いてみました。何か色々と物凄かったです。
以下、妄想をたっぷり詰め込んだネタバレありの箇条書き感想。






●「和服の似合う清楚な美人」ってライカさん。視聴の段階で物凄く期待していただけに、この答えはちょっと残念。そしてうっかり袴姿のカイトを想像してしまった自分、アウト。
●「天然ボケ倒しオープンスケベ男」
●「猫なんかと同じにしないでよ」←サラのライカフラグが消滅した瞬間。
「アーサーかライカのコートでも借りてくる?」
 どっちにしろ萌えますが何か。サラは本当にいい仕事をしてくれます。いつもありがとう。
●敏感すぎて城に入れないカイト。
●ひとり残るカイトの付き添い役に、ライカを使命するジェフティ。願ってもない展開にテンションが上がるが、あっさりとスイヒに阻止される。ナイテナンカイマセンヨ。
●「ペインキラーは猫の鳴き真似をした! しかしカイトには逆効果だった!」
 普通だったら「何だ猫か」でスルーなはずなのに、小動物好きのカイトは逆に寄ってきちゃっておじさま大ピンチ。嫉妬スキル発動のスイヒに助けられて、何とかこの場は回避。
●城に入った途端に弱るカイト。普段強気な子が衰弱してる姿ってイイよなぁ(変態注意)。
●ライカはヴァンと一緒にいたころから、脳疲労回復のためにチョコを常備していたのか。てっきりカイトのために持ち歩いてるとばかり思っていたので、この事実にはちょっとしょんぼり。
●え、アーサーさん煙草吸った??
●「ラー様」と呼びかけるブエナが壮絶に可愛い件について。
●とうとう動けなくなるカイト。ツンデレドラゴンがいなくなったところで、こっそり後をつけてきたに違いない我らがおじさまのご登場。ここから先は皆さん、ご自身の耳で聞いてください。カイトの夢うつつな声とか衣擦れの音とかおじさまの低音美声ボイスとか、何かもうどうしよう。
「我が愛し子」
●思い出さなければ泣かせることもないから思い出さないままでいろ、とか切なすぎるよテオおじさん。おじさんと離れるのが嫌で別れ際にはいつも泣いていた幼少カイトとかホントたまらない。
●眠っていたカイトを皆の元に運んだのは当然ライカさんですよね。この際、姫抱っこじゃなくても許してやるよ! まさかの眠り姫展開に、これはお約束くるかと期待していたらそんなことはなかった。どれだけ夢を見れば気がすむんだ私。
●ガルゥに噛み付かれながらも罠を外してあげるカイト。当然のごとく懐かれてしまいます。主人公なのにヒロインフラグが立ちまくりだ!
●ジークは苦労症。



ボーナストラックはペイカイ一色ですね。おじさまを正座させて説教を始めるカイトがしっかり者の奥さんのようで微笑ましい。しかし、子供のころの話を喜色満面で持ち出されては分が悪すぎです。カイト萌えなおじさまからは犯罪のかほりがぷんぷんしますが、今更ですのでスルーしましょう。


いやー、今回のCDはいいペイカイでした。ありがとうございました。次回はライカイに期待します。


スポンサーサイト
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。