スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

熱唱系はもはや必須 

謙信・光秀・濃姫・半兵衛のストーリーモードをクリア。
謙信ストーリーでのお館様に惚れました。ライバルとはかくあるべき! 蒼紅夫婦にも是非そこのところ見習ってほしいです。「自分以外の奴に倒されるな」はライバル物のセオリーだろ!


半兵衛の「甘く柔らかに」は最高ですね! 関ヶ原合戦の楽しいこと楽しいこと! 光秀は対蘭丸だけで十分お腹いっぱいです。MだMだと思ってたけど、やっぱりこいつはドSだな。


濃姫は、本当は優しい人だから殺しなんか絶対したくないだろうに、信長のために己までも殺して健気に頑張ろうとする姿が痛々しくて切なくて、強い。血の臭いにも慣れることはないみたいだから、陰でこっそり吐いてたりもするんだろうし、物凄い罪悪感に襲われることもあるだろうに、それでも自分の進むと決めた道を毅然として歩く姿には胸を打たれました。とどめは最終章での「蘭丸君、私が死んだら逃げるのよ」。ついていくならこの人だと思いました。仕えるなら私はこういう人がいいよ。もともと巴御前が好きなだけに、濃姫は別次元で大好きです。連打大変だけど頑張って強くする!


スポンサーサイト

[ 2007/04/06 11:11 ] 戦国BASARA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。