スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

転生學園月光録 


/ アスミック・エース エンタテインメント(2006/11/22)
Amazonランキング:390位
Amazonおすすめ度:




突然ですが、私は自分の直感を結構信じています。
ふと思い立って立ち寄ったお店にて、明日まで2980円で販売されていた「転生學園月光録」を発見。それくらいならと思い、迷わず購入してしまいました。

以下、10話くらいまでのネタバレを含めた感想などを。辛口注意!


メインメニューの音楽は、まんまスターオーシャンですね。ムービーは前作のほうが断然よかったです。相変わらずのシステムの悪さはもう笑うしかありません。前作も、最初の効果音で嗚呼これは駄目だなと思ったものですが、今回もイベントのあまりのテンポの悪さに嗚呼またなのかと泣きたくなりました。折角のフルボイスも、たった二行しか表示できない会話ウィンドウのせいで変なところでブツ切れ。なんなんですかその作りの甘さは。ストーリーも1話ごとに起承転結があるにはあるんだと思いますが、あのテンポの悪さのせいで台詞を覚えるために読む台本並みに感情移入できません。何をどう強く見せたいのかがわからない。余計な場面を無駄に入れているせいで、広く浅くという印象しか残りません。「数時間後」とか正直うっとうしい。「やっといました」とかって日本語的におかしいんじゃないかとか、某キャラの某キャラへの呼びかけも「きみ」なのか「お前」なのかどっちかにしてほしいとか、そういう細かいところも凄く気になるし・・・全体的に作りが甘い。甘すぎる。
バストアップアニメーションとか、そういう余計なことを頑張る前にもっと必要なことがあったんじゃないのだろうかと、真剣に思うわけで・・・


辛口で偉そうなことばかり言いましたが、シナリオは前回よりは面白くなってると思います。主人公も前回よりは構ってもらえるし、何より女の子キャラが皆凄く可愛い。前作キャラが出てくるのも嬉しいです。ラギーがあり得ないほど格好良くなっていて、そりゃ人気投票で3位になるだけのことはあるなと納得。とりあえずは昴生狙いで頑張ってます。修学旅行で張り付いてたら、帰ってきて旧校舎の天魔退治に誘われました。おぉお、あの一匹狼がついに歩み寄りを・・・恐るべしコアラ効果!


今回の主人公の前世はスサノオで、魂神がヤマタノオロチなのかと勝手に思っていたのですが、今調べてみたらヤマトタケルっぽい? そうなると、彼が倒したもので魂神になりそうなものって・・・なんだろう。魂神ヤマタノオロチを前に、頭が八つもあるからどれに話しかけていいかわからずにおろおろする主人公の姿とか想像したらめちゃめちゃ可愛かったので、個人的には是非そうあってほしいんですけど・・・! そんでもって伊波ちゃんに会って思わず「母上」と呼びかけるとか。私、伊波ちゃんの前世はイザナミだと信じて疑ってませんから! んで、ばらっちがカグツチ。本当のところは一体どうなんでしょうね・・・そういうことも前作でちゃんと解明してほしかったんです けど ね!
でも私、主人公自身が魂神だという見解もまだ捨て切れていません。そんな展開はないか! やっぱりないか!


とりあえず、公式人気投票で、前作主人公にも関わらず今作で1位になった伊波ちゃんを拝めるよう頑張ろうと思います。なんだいなんだいその緋勇さん的ポジション! 大好きだ!
スポンサーサイト
[ 2007/01/09 22:54 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。